大学における創薬活動

大学における研究活動は、研究者個人あるいは研究室単位で専門的研究を行っているのが一般的です。こういった研究活動は専門性を深く追及することができる一方、分野をまたいだ研究活動を苦手としています。

そのため、大学の創薬研究は、創薬開発過程の次のステップに進みにくく、多くの研究が“創薬シーズ候補”で止まってしまいます。特に『病気の原因に作用する物質から薬の候補を探す段階』、『初めてヒトに投与する準備』の二つが困難です。
 そこで、先端創薬イノベーションセンターでは、研究が次のステップに進むことができるように様々な支援を行っています。