シーズ開発相談

先端創薬イノベーションセンターでは、支援を希望する創薬・医療機器シーズを募集しています。
 厚生労働省 とPMDA(医薬品医療機器総合機構)の双方で医療機器審査のトップを務めていた山本教授が、新たに臨床研究センター長に就任しました。
 新薬だけでなく、医療機器(器具・材料)や体外診断薬などの特許化、開発戦略、薬事承認・先進医療の申請のノウハウ、共同開発するパートナー探し、臨床研究・医師主導治験のサポートなど段階を問わず支援いたしますので、まずはご相談ください。
 学会発表、論文化などの検討の前の早期の相談をおすすめします。

シーズ創出から事業化までの流れ

例えばこんな時・・・

  • 研究開発した医療機器を製品化したいので、協力してくれる機器メーカーを探したい。
  • 研究資金を得るため、学外プロジェクトに応募するためのアドバイスが欲しい。
  • 病気の原因に作用する物質を特定できたので、薬の候補を専門の先生に相談したい。
  • 開発した薬を臨床試験→治験と承認に向けて早期にステージアップしたい。

etc..

支援事例

事例1
特許出願し、企業との共同研究に結びついた
 診断用バイオマーカーを発見。発明相談後、特許出願。
 バイオジャパンに出展するなど企業を探索した結果、企業と
 ライセンス契約が成立。
 現在、実用化に向けて共同研究中。

事例2
既存薬の新たな用法を見つけた
 ある疾患の治療薬を探索した結果、A社が開発中の試験薬で
 良い結果が得られた。
 その後、A社と共同研究をし、共同で特許出願。
 JST、NEDO等の研究開発資金を得て、現在、治験を計画中。


※相談ご希望の方へ
相談を希望される方は、シーズ開発相談シートにご記入の上、下記までご連絡ください。
シーズ開発相談シートはこちら≫

【連絡先】先端創薬イノベーションセンター創薬支援室 藤原 雄介
     E-mail: y-fuji@nagasaki-u.ac.jp