長崎大学先端創薬イノベーションセンター規則の
制定について

制定理由

基礎創薬技術を効率的に開発研究に結び付けることにより,迅速な製品開発を推進すること及び長崎大学病院臨床研究センターと協力し,臨床研究,早期臨床試験等を着実に実施することにより,臨床創薬段階にある研究テーマを迅速に治験段階へステージアップすることを目的として本学に置く長崎大学先端創薬イノベーションセンターの組織,運営等に関し必要な事項を定めるため,この規則を制定するものである。

平成24年1月17日
制定権者 長崎大学長 片峰  茂

長崎大学先端創薬イノベーションセンター規則

(趣旨)
第1条 この規則は,国立大学法人長崎大学基本規則(平成16年規則第1
 号)第32条の4第2項の規定に基づき,長崎大学先端創薬イノベーション センター(以下「センター」という。)の組織及び運営に関し必要な事項 を定めるものとする。

(目的)
第2条 センターは,基礎創薬技術を効率的に開発研究に結び付けること により,迅速な製品開発を推進すること及び長崎大学病院臨床研究セン ター(以下「病院臨床研究センター」という。)と協力し,臨床研究,早 期臨床試験等を着実に実施することにより,臨床創薬段階にある研究  テーマを迅速に治験段階へステージアップすることを目的とする。

(センターの組織)
第3条 センターに,基礎創薬部門,臨床創薬部門,臨床試験部門,創薬 探索部門及び創薬支援室を置く。

(基礎創薬部門)
第4条 基礎創薬部門は,次に掲げる業務を行う。
 (1) 基礎創薬及び基礎創薬以外シーズ(臨床創薬シーズを除く。)の創出   及び育成に関すること。
 (2) 基礎創薬に関する異技術の融合に関すること。
 (3) その他基礎創薬に関すること。

(臨床創薬部門)
第5条 臨床創薬部門は,次に掲げる業務を行う。
 (1) 臨床創薬シーズの創出及び育成に関すること。
 (2) 臨床研究の実施に関すること。
 (3) 臨床創薬に関する異技術の融合に関すること。
 (4) その他臨床創薬に関すること。

(臨床試験部門)
第6条 臨床試験部門は,次に掲げる業務を行う。
 (1) 臨床試験・治験業務及び臨床試験・治験に係るネットワークの推進   に関すること。
 (2) CRC(臨床研究コーディネーターをいう。)等の臨床試験・治験に係   る専門家の人材育成に関すること。
 (3) その他臨床試験・治験に関すること。
(創薬探索部門)
第7条 創薬探索部門は,次に掲げる業務を行う。
 (1) 創薬探索の実施及び支援に関すること。
 (2) その他創薬探索に関すること。 

(創薬支援室)
第8条 創薬支援室は,次に掲げる業務を行う。
 (1) 創薬テーマの推進に関すること。
 (2) 臨床研究,早期臨床試験等の実施の支援に関すること。
 (3) POC試験(実証試験をいう。)に関すること。
 (4) その他創薬支援に関すること。

(職員)
第9条 センターに,次に掲げる職員を置く。
 (1) センター長
 (2) 副センター長 
 (3) 基礎創薬部門長,臨床創薬部門長,臨床試験部門長及び創薬探索
   部門長
 (4) 兼務教員
 (5) 創薬支援室長
 (6) その他必要な職員
2 前項第2号から第6号までの職員は,センター長の命を受け,センター の業務に従事する。

(センター長)
第10条 センター長は,学長が指名する理事又は副学長をもって充てる 。
2 センター長は,センターの業務を掌理し,所属職員を監督する。
3 センター長に事故等があるときは,副センター長がその職務を代行す る。
(副センター長)
第11条 副センター長は,長崎大学(以下「本学」という。)の教員のうち からセンター長の推薦に基づき、学長が任命する。
2 副センター長の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。
3 副センター長は,センター長を補佐する。

(部門長)
第12条 基礎創薬部門長,臨床創薬部門長,臨床試験部門及び創薬探索 部門長は,本学の教員のうちからセンター長の推薦に基づき,学長が任 命する。
2 部門長の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。
3 部門長は,各部門の業務を掌理し,所属職員を監督する。

(兼務教員)
第13条 兼務教員は,本学の教員のうちからセンター長の推薦に基づき 学長が任命する。
2 兼務教員の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。
3 兼務教員は,所属する部門の業務を処理する。

(創薬支援室長)
第14条 創薬支援室長は,本学の職員のうちからセンター長の推薦に基 づき,学長が任命する。
2 創薬支援室長は,創薬支援室の業務を処理する。

(先端創薬戦略会議)
第15条 センターに,先端創薬戦略会議(以下「戦略会議」という。)を置 く。
(審議事項)
第16条 戦略会議は,次に掲げる事項について審議する。
 (1) 先端創薬における戦略的展開に関する事項
 (2) センターの業務の進捗管理に関する事項
 (3) その他先端創薬に関する事項

(戦略会議の組織)
第17条 戦略会議は,次に掲げる者をもって組織する。
 (1) センター長
 (2) 副センター長
 (3) 基礎創薬部門長,臨床創薬部門長,臨床試験部門長及び創薬探索
   部門長
 (4) 創薬支援室長
 (5) 研究を担当する理事
 (6) 産学官連携戦略本部長
 (7) 病院臨床研究センター長
 (8) 研究国際部長
 (9) その他学長が必要と認める者
2 構成員は,学長が任命する。

(任期)
第18条 前条第1項第9号の構成員の任期は,2年とする。ただし,再任を 妨げない。
2 前条第1項第9号の構成員に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任 者の残任期間とする。

(議長)
第19条 戦略会議に議長を置き,センター長をもって充てる。
2 議長に事故等があるときは,副センター長がその職務を代行する。
(会議)
第20条 戦略会議は,構成員の過半数が出席しなければ,議事を開くこ とができない。
2 戦略会議の議事は,出席した構成員の過半数をもって決し,可否同数 のときは,議長の決するところによる。

(関係者の出席)
第21条 議長が必要と認めるときは,戦略会議に構成員以外の者を出席 させることができる。

(事務)
第22条 センターの事務は,創薬支援室において処理する。

(補則)
第23条 この規則に定めるもののほか,センターの運営等に関し必要な 事項は,別に定めることができる。


附 則
 この規則は,平成24年1月17日から施行する。
附 則(平成25年6月25日規則第27))
 この規則は,平成26年6月25日から施行する。
附 則(平成26年5月12日規則第25号)
 この規則は,平成26年7月1日から施行する。
附 則(平成27年3月27日規則第12号)
 この規則は,平成27年4月1日から施行する。
附 則(平成28年2月26日規則第5号)
 この規則は,平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成28年3月29日規則第13号)
 この規則は,平成28年4月1日から施行する。