組織と概要

組織

組織

スタッフ

 … 現在改編中 …

概要

NU-MICは、学長直属の組織で、センター長の下、基礎創薬部門、臨床創薬部門、臨床試験部門の3部門とそれらを連携支援する創薬支援室から成る。長崎大学において創薬及び医療イノベーション・シーズ発掘から臨床治験までの一元化体制を構築し、創薬及び医療イノベーション・シーズの迅速な研究開発体制を実現する。

この実現のために、大学における体制のみならず、学外機関との連携を強め、それぞれの強みを生かした総合的、有機的な運営を図る。

基礎創薬部門

薬学部が中心となり、合成力と薬効・安全性評価力の融合による探索創薬シーズの創出に注力する。
 医療イノベーション・シーズについては、長崎大学病院のニーズを吸い上げ、医工連携、医薬連携などを中核に異分野融合の研究を行う。

臨床創薬部門

医学部・熱帯医学研究所が中心となり、医学・医療の現場に近い、より臨床に近い臨床創薬シーズの創出を目標とする。例えば、既存薬の適用拡大や製剤開発など短期間に臨床治験に持ち込めるシーズを研究する。

基礎創薬部門と臨床創薬部門は基本的には同様な創薬プロセスを経ることになるので、相互の連携を深め、創薬効率の向上に努める。

臨床試験部門

この部門の中核となる長崎大学病院臨床研究センターには、治験ユニットと臨床研究ユニットがあり、それぞれ長崎大学における治験と臨床研究の支援を行う。治験ユニットにおいては学内の治験を支援すると共に、ながさき治験医療ネットワークとの連携を図り、長崎県下の治験推進に貢献する。今後PⅠ体制の整備(予定)を行い、創薬及び医療イノベーション・シーズ発掘から臨床治験までの一元化体制を構築する。臨床研究ユニットにおいては学内における臨床研究を支援する。